カテゴリ:

糖尿病

【糖尿病】高血糖が及ぼす大血管障害 〜 糖尿病予備軍でも脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクは高まります 〜

 血糖値が高い状態が続くと、細い動脈だけでなく太い動脈にもダメージを与えます。動脈は心臓から全身に酸素と栄養素を送り込む血管で、動脈硬化が進行すると内壁の弾力性がなくなったり詰まったりして心筋梗塞や狭…

【糖尿病】血糖値やHbA1cを下げるには内臓脂肪がカギ 〜 インスリン作用不足を改善するために 〜

 糖尿病というと、太った人がかかる病気と思われる方が多いかもしれません。しかし、近年は内臓の周囲に脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」の糖尿病の割合が上昇しており、見た目はそれほど太っていなくても糖尿病を発…

【糖尿病】インスリンの効きを良くして血糖値を下げる「ビグアナイド薬」
〜 体重が増えにくく低血糖が起こりにくい〜

健康診断で「高血糖」「糖尿病」を指摘されたら早めの受診を

ビグアナイド薬は長きに渡って使用されている糖尿病の治療薬です。一時期ほとんど使用されなくなりました

【糖尿病】血糖値が下がりすぎるのも危険! 低血糖の見極め方と対処法

低血糖は、血糖値が正常の範囲よりも低下した時や乱高下した時に起こります。はじめは倦怠感や手のふるえ、冷や汗などの自律神経症状があらわれ、重症化すると意識消失や昏睡を起こし命にかかわる危険な状態に陥るこ…

【糖尿病】糖尿病の新薬「GLP-1受容体作動薬」
~ 食後血糖の変動を抑制する注射薬 ~

多様な血糖改善作用のある「GLP-1」 「インクレチン」とは、小腸などの消化管から分泌されるホルモンの総称で、すい臓からのインスリン分泌を促進する働きをします。インクレチンには、小腸上部から分泌される…

【糖尿病】HbA1c(ヘモグロビンA1c)は正常値でも空腹時血糖値が高い場合

健康診断で「高血糖」「糖尿病」を指摘されたら早めの受診を

健康診断や人間ドックの結果で「血糖値が基準値より高い」と指摘された場合は、恐らく”空腹時”血糖値”

【糖尿病】血糖値に応じて”自動調節”するため低血糖が起こりにくい「糖尿病新薬・DPP-4阻害薬」

単独投与では副作用が少なく、長期投与による体重の増加がみられない

糖尿病新薬「DPP-4阻害薬」は2009年から使用開始になりました。血糖値に応じて”自動調節”する

【糖尿病】血糖値を下げ、体重減少効果が期待される「糖尿病新薬・SGLT2阻害薬」

尿に糖を出すことで血糖を下げる飲み薬 〜作用と注意点〜

糖尿病の新薬「SGLT-2阻害薬」は、日本では2014年から使われるようになった治療薬です。尿から

動脈硬化の元凶!脂質異常症(高脂血症)の原因・診断基準・治療法

〜 痩せていても発症し、自覚症状がないまま進行します 〜

脂質異常症(高脂血症)とは、一定の基準値よりもLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が高い、 ま