初めて当院を受診された患者さまから「先生、インスリン注射は一生使い続けなければいけないのでしょうか?」と質問をされたことがあります。
糖尿病には、膵β細胞が破壊されるため、すい臓からインスリンほとんど出なくなる「1型糖尿病」と、インスリンは出ているものの、生活習慣や遺伝的な影響により出にくくなったり効きにくくなったりしている「2型糖尿病」があります。日本では、糖尿病患者の約95%が2型といわれています。

1型糖尿病は、インスリンを注射で補う必要がありますが、2型糖尿病は、食事や運動の見直しと、場合によって内服薬やインスリン注射を使います。

2型糖尿病の場合、すい臓を休ませることで機能を保持し回復することがあります。治療の早期からインスリン療法を行うことで、すい臓の機能を回復させることができれば、インスリン療法から内服療法への変更が可能な時もあります。
当院でも、インスリン療法から内服薬のみの治療に切り替わり、経過が良好な患者さまもいらっしゃいます。

糖尿病は初期に自覚症状がないため、診断された時点でインスリン分泌はすでに健康な人の約半分に低下しているという調査結果も報告されています。
適切な治療を早期に始めれば、重度な糖尿病を発症するリスクは大幅に減りますので
治療に不安を感じ、受診を迷っている方は、ぜひ一度専門の医療機関を受診されることをおすすめします。